土曜日は暇なので

毎週土曜日にブログを更新しています。

【旅行記】長崎に行ってきました 2日目

shooo1996.hatenablog.com

長崎市内へ

ホテルからバスターミナルまでに「オランダ塀」というものがあり、少し坂を上ってみることにしました。1609年から1641年の間に存在したオランダ商館の周囲を取り囲んでいた塀らしいです。
1600年代に作られたものがまだ残っているとは...

そしてこの風景、どこかの街に似ていると思いませんか?
shooo1996.hatenablog.com

坂道があって、すぐそこに海が見える風景が尾道や函館と似ていて、僕はそういった風景が好きなのです。

平戸、いい町でした。


平戸のバスターミナルから西肥バスに乗車し佐世保駅へ。時折、松浦鉄道と並走しながら向かいます。


佐世保駅からは「快速シーサイドライナー」に乗車し、長崎駅へ向かいました。


途中、ハウステンボスを通るので、ここから利用客が少し増えます。


名の通り、シーサイド沿いを走行します。海までめちゃくちゃ近い。


長崎駅に到着。ここから「軍艦島クルーズ」に乗船するため港まで移動します。


港に着いたぐらいから雨が降ってきましたが、船は通常通り出港。


長崎港から出港すると三菱造船所が見えてきます。三菱造船所には、世界遺産の構造物が何か所かあって、画面左側のクレーンは明治時代に造られたもので、世界遺産に登録されています。


第3ドックも世界遺産ですが、なぜか写真を撮っておらず。


女神大橋の下を通る。


このクルーズでは軍艦島端島)へ上陸する前に、高島の石炭資料館に立ち寄ります。ここでは、軍艦島の成り立ちや歴史、実際に使っていた資料などが展示してあります。


高島から再び船に乗って数分、見えてきたのが軍艦島端島)。ここだけ異様な感じがします。


上陸。実際に見てみると、廃墟というよりも映画のセットみたいな感じで非日常的な光景が広がります。


軍艦島の建物や構造物は徐々に壊れてきているみたいで、見たいなら早めに来た方がいいです。(実際に、2018年の台風で防波堤の一部が崩れたみたいです。)


帰り際に撮った写真。確かに軍艦に見えなくもない。最も軍艦に見える角度があるらしく、ガイドさんが紹介していましたが、撮り損ねました。


感想は、この会社のクルーズを選んで正解だなと思いました。
軍艦島の成り立ちや歴史も学べて、ガイドの方の説明がめっちゃわかりやすいのでおすすめです。今度は「晴れの日」にリベンジしたいです。

夜の長崎散策

ちゃんぽんを食べに行くついでに長崎の街を散策してみました。新地中華街は夜になるとライトアップされているので、路面が雨に濡れていることも相まって綺麗に見えました。


ちゃんぽんの有名店「思案橋ラーメン」で食事。長崎育ちの大スター、蛭子能収 福山雅治さん御用達のお店らしいです。


食べ終わった後も散策してみました。こちらは長崎観光の定番、眼鏡橋。増水しており、遊歩道が一部水に浸かっていたので、降りるのはやめておきました。


こちらも定番観光地のオランダ坂


しかし、夜になると誰も歩いておらず少し怖い印象でした。

この日はオランダ坂近くのホテルに宿泊しました。

まとめ

晴れ男の僕でも雨が降ることはあるんです。しかも軍艦島に行く日に降るとは運が悪い。ちなみに、軍艦島では傘がさせません。なので、船内でダ○ソーのカッパを200円で購入しました。(観光地価格くそお...)
翌日は長崎観光最終日、定番観光地を巡ってみました。ご覧いただきありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

【旅行記】長崎に行ってきました 1日目

3月下旬に長崎県へ行ってきました。

平戸遠すぎる問題

新幹線に乗車し、九州方面へ。今回向かったのは長崎県平戸市。本州から陸つながりで行くことができる場所としては日本最西端の自治体であります。


博多駅で途中下車。博多駅の屋上にはつばめの杜ひろばという屋上広場があるので行ってみました。
ここには「鉄道神社」や展望台がありました。

展望台からの眺めはこんな感じ。


地下鉄工事で陥没した現場はここ。


奥の方には博多湾まで一望できました。


博多駅からは特急みどりに乗車。車窓は名前の通り「みどり」一色。


武雄温泉駅。奥の建設中の鉄骨は今度開通する「長崎新幹線」のもの。
いやー開通したら不便になりますね。(当分の間は長崎から博多まで行くにはこの駅で乗り換える必要がある。)


佐世保駅に到着。この駅で路線バスに乗り換えます。


ちなみに、佐世保駅は「JRでは」日本最西端の駅です。純粋な日本最西端の駅は沖縄の赤嶺駅です


駅構内には桃鉄の貧乏神の石像がありました。なんでや。

平戸に到着

路線バスに揺られること数時間、平戸大橋を通過。車窓からは綺麗な海を見ることができる。


バスから降り、平戸の中心部を散策。この建物はオランダ商館、1639年に建てられたものを復元したらしいです。出島ができるまで、ここが貿易の拠点でした。(というのをWikipediaでみました。)


平戸の町並みは綺麗。無電柱化されており、観光業に力を入れていることがわかります。(観光客が多いとかは関係なく)


平戸の名所。お寺の奥に教会がある珍しい風景らしい。探せばありそうな光景だけど見たことはない。


「めっちゃ古そうな橋があるなあ」と思いネットで調べてみました。
幸橋(さいわいばし)
形式:石造単アーチ橋
完成:元禄15年(1702年)

1702年...!


今回は「平戸海上ホテル」に宿泊しました。ここのホテルの売りは、部屋から見える景色。

それがこちら。

海と平戸城平戸大橋が一望できました。

この近辺の海は瀬戸内海のように潮流の速いことから「平戸瀬戸」と呼ばれています。
ホテルから見ると潮の流れをはっきりと見ることができます。


月が綺麗だったので撮影。潮流が速いので、とても幻想的な風景でした。

まとめ

長崎市内には何度か来ていますが、観光地に行った記憶が残らないのです。「ハウステンボスの駅前で姉のスーツケースに傷をつけた」とか「修学旅行の新幹線の往復グリーン車だった」の方が記憶として残っているんです。そして、僕は何度も同じ場所に行くのでした。
翌日は「軍艦」に行ってきます(?)。ご覧いただきありがとうございました。次回もよろしくお願いします。